日記

尊敬は自己洗脳

本当に人を尊敬することは存在しないのではないかという証明。

本当に尊敬するとはどうゆうことか。
その人を敬い、評価し、あがめつづける事。

評価が自分の想像を超えるラインまで他者がなることに対して
人は尊敬という行為でその現実から目を背け行動力を抑制します。

自分の能力が尊敬した人に並ぶとその人はその尊敬していた人を
ライバルとして見る事があり。その人を超えると今見える相手の
足りない部分に対して不満を持ちその尊敬していた筈の人を尊敬
しなくなります。

スポーツを始めたばかりの人が全国大会優勝した人を尊敬する事
はごく自然にあるでしょう。
そこには自分の今の能力では到達出来ない状況を尊敬という行為
により比較する行為を無くし。
尊敬という別ジャンルにおいているにしかすぎません。

スポーツを始めたばかりの人が1年後全国大会3位に入ると全国
大会優勝した人はライバルになり尊敬の枠から外れる場合があり
ます。

中には尊敬し続ける人もいるでしょう。
それは自己洗脳により、現実から目を背けているにしかすぎませ
ん。

抑制

敬意はその人を敬うという以外に、短所やミスや劣化を視界ない
入れない働き抑制をする場合が多くあります。


現役を引退した方に使う言葉として「今も変わらず凄い」なんて
言葉があります。

今も本当に変わらなければ引退はしていないわけで。
この言葉には「今も変わらず凄い」のではなく
「今も変わらず凄い」とあって欲しいという願いが込められてい
る場合が多くあります。

そうあって欲しいはそこに尊敬がはいっている場合が多くありま
す。そこに尊敬が入ると、視野が狭くなり、気づけない(気づき
たくない)状態となります。
「今も変わらず凄い」と思いたい心境の原因として、尊敬が大き
く働きます。

尊敬してやまない演出のひとつは執着心なのかもしれません。
Aさんという人の尊敬するきっかけになるよい面を連続で続けて見
ると。「凄い」という執着心が生まれます。執着心が生まれると。
その他のミスを「らしくない」と見て尊敬したタイミングの「凄い」
メモリにおいて色眼鏡でそのAさんを見るのではないでしょうか。

尊敬しやすい人の原因として己の能力が低い人に多いのではないの
でしょうか。
「あの人は凄い」「あの人は素晴らしい」「あの人みたいになりた
い」尊敬は上記の3つめの「あの人みたいになりたい」
が尊敬の要素を大きく占め「あの人みたいになりたい」は逆に言う
と「あそこまでなることは難しい」という事にも書き換えられ
なぜなら、自分で到達することの出来ない事を行っているから尊敬
する事によって自分はそこまでやらなければならない事を放棄して
「尊敬」という演出により、取り組みからの脱出をしているのかも
しれません。

よい面を複数継続的に見ると、尊敬は一人歩きし、ファンタジーと
して想像が膨らんでしまい、雲の上の人となる事もあります。

また別に尊敬する事はよく無いことのように思われたら。
それは大きく違い尊敬するからこそうまく回ることが沢山あります。

大人数を操る場合に尊敬は大きく必要な要素となります。
尊敬するから従いますが、尊敬していなかったが従わない人は多い
でしょう。なのでこの現象がわかっていれば、わざと無能が有能の
ような振りをして
尊敬させ大人数を動かすなんて事も出来るのです。

尊敬され続ける最大の演出方法として、闘う枠から離れるというや
り方があります。

学校のクラスで権力を握っている人の中にこれといった結果を出し
ていない人っていませんか。
喧嘩が強いかどうかわからない、勉強は中の上、スポーツができる
わけでもない。喋りがそこまで立つわけではない。
でもクラスで中心となっている人は自分が勝つところ見せるのでは
なく自分が負けるところを見せていないのが最大の理由なのです。
失敗のない時間の継続で周りから優しさなどの演出で、好感を抱か
れていた場合、もうその人は尊敬されており、失敗を見たくなくな
っており、上のポジションでいて欲しいという
洗脳が始まっています、その理由が尊敬です。

本当に尊敬をしたい場合この一連の、現象を理解して、自分が決し
て尊敬している人と同じ並びにならないように気遣い、自己洗脳を
しながらであれば本当の尊敬をする事が出来ます。

しかし
尊敬に演出を入れた時点で「本当の」の部分に準じていないので
本当の尊敬は存在しないのです。

2017/01/15(日) 00:47:20 コメント(0)

271最近の記事
尊敬は自己洗脳
  2017/01/15(日) 00:47:20
SUDACHIライブ
  2016/04/10(日) 00:00:00
こそこそチャップリン
  2016/04/07(木) 06:03:45
阿佐ヶ谷で打ち上げ
  2016/03/23(水) 12:03:24
夜中牛丼食べる時の爽快感
  2015/12/06(日) 10:31:39


記事RSS
コメントRSS
0

TOP PAGE

みんなのブログ


魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2017