SF GO! GO! ギャラクシー!!

SF!GO!GO!GYALAXY 本章1 /受け継ぐ者たち1-1



「待てえええーーーい!!Jenny Law!!オマエは何をやっているのだあああーーー!!」

「??・・・下川入のお姉さん?・・・!!」



「この者はオマエの思っているようなヤカラでわなあーーい!!」

「・・・下川入のお姉さん??・・どこ?どこに綺麗なピチピチのお姉さんがいるの??」

「・・ゲコゲコ・・亜蘭・・オマエの疑問わそこかい!!ゲコゲコ」

「・・ゲコゲコ・・Jenny Lawわ勘違い・・亜蘭わ感知がいい・・ゲコゲコ」

「ジャカアシイ!!・・kohon・・私はatsugi type simokawairi405号、地球に残ったandroid・・決してオバサンでわない・・」

亜蘭わ突然のあまりな出来事に驚いて、気が動転していた・・

『ひゃああ~~~・・Jenny Lawわ何故ボクを殺そうとしたの??・・そもそも何でJenny Lawわ弓なんて持ってるの??・・Jenny Lawわ学校に何しに来てるの・・朝は“空をみているの”って言ってたけど・・下川入のオバサンやmatsudeluxeやDav Spectわここでなにやってるの??・・わからない・・わからない・・わからない・・』

・・亜蘭わ考えれば考えるほど目から涙が溢れ出し、彼の心臓わバクバク鳴り響いていた・・そして・・テンパっていた亜蘭の心と身体がとうとうキレタ・・

「WAAAAAAAA~~~~~~~~~~~~~!!・・ゲコ・・ゲコ・・ゲコ」

亜蘭のDNAの中のヒトゲノムとGO!GO! Gyalaxy!!ゲノムが一気に融合を果たしてしまった・・!!

亜蘭の周りに電光が輝き始めた。



付近はもう陽が沈んで暗くなっていたが、金色に染まった亜蘭は光度を増してその暗闇を打消し、太陽の様に光輝いた。

・・・そして・・・



亜蘭は巨大なスーパーカエル・・GO!GO! Gyalaxy!!に変身していた・・・

hyoeeeeee----------!!

*この物語はフィクションであり、登場する国・組織・人物その他の設定は全て架空のものである。

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 0
 
/ 43ページ
このページを編集する