虚上の迷宮

羽都 SF・ファンタジー
173ページ(連載中) 更新日 2017/05/13 読者 554人 公開 0 0



そこは咎人の迷宮


あちらには街


こちらには強盗


そしてここには火の手


料理人は毒を盛り、


迷いの森で人は消えゆく




*この詩のようなものは物語の進行に合わせて増えて行く予定です
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1
  • 3
 
このページを編集する