キミノ名ヲ。① ~ミドリノクニ~ 【完】

序章  /桜井兄弟







「姉ちゃん!!!ご飯!!」



「ちづ姉!あたしのTシャツ知らない?!」


「ちづちゃん!ゆうがおもらししたあ!」



「ちづちゃああん!!!」




桜井千鶴子。


17歳。


花の高校2年生。


ううん、所帯染みた高校二年生。



花の陰りは真っ盛り。





それもそのはず、6人兄弟の2番目。





一番上の兄も父も、家事なんて何もできないぺーぺーで、お母さんは私が12歳のときに他界。




その時から、私が一家の主になったのだ。




「はいはい。ご飯はもう少し待ちなさい。Tシャツは戸棚の一番右。夕、おもらししちゃったの?したくなったらちづ姉に言うって約束でしょ?何?どうしたの?」



一度に何人もの人の話を聞くなんて、もう慣れっこ。





「ちづ姉!電話!」


「誰から?」




「父さんから」



「え~?お父さんから?」




ブツクサいいながら、電話を手に取る。


お父さんからかかって来る電話って、本当にいいことがない。



「もしもし?」



『ああ、千鶴子?ちょっと頼まれてくれないかな?』


「何よ?」




『私の机の上に書類があると思うんだけれど・・・持ってきてくれないかな?』





それを聞いて、本気で怒りそうになる。

いつもいつもこの役は私だ。

これで何回目なのか、本当にお父さんに詰め寄りたい。




「ちづ姉ちゃん~、お腹すいたって!!」


「ちづ姉。算数わかんないよお」



「ちょっと待ってなさい」




電話中だと言うのにお構いなしにすがり付いてくる声を聞いて、にっこり笑って妹と弟をけん制する。




「・・・わかったから。どこに持って行けばいいのよ?」




『鎌倉駅で待ってるよ』






「かっ、鎌倉あ?!」






思わず口を大きく開けて放心状態になる。


鎌倉なんて、ここから鈍行で2時間近くかかる。

いや、一時間半くらいかな?



しかも私、生まれてこの方鎌倉に行ったことなんてない。




『悪かったね。今日の学会が鎌倉で行われるんだ。その資料がないと父さん学会で発表できなくなってしまうんだよ』



そう言ったお父さんの声は憐れなくらい涙声だった。

本気で困っていることに気づくのは容易い。




0
  • しおりをはさむ
  • 39936
  • 1613
 
/ 319ページ
このページを編集する