秋の夕焼けに涙を添える。

嘘吐斗 恋愛
49ページ(連載中) 更新日 2017/08/21 読者 42人 公開 0 0












「そこまで言うなら、別れよう」


そう言って彼は私から離れた。

私が一方的に悪いみたいな言い草で。

スッキリしたはずなのに、頬を伝う涙。





「別に変わりでも、構わないから」


初対面の貴方はそう言った。

正直、引いてたよ、私。

変な人だな・・・って。





「お前はお前だろ!」


怒鳴る様に私へと語りかけた貴方。

いつもより力強い声。

心が・・・大きく揺れた。













START→H,29 07/12(Wed)

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
  • 0
  • 0
 
このページを編集する