ヒカ碁温泉

春休み*~加賀と筒井の高校生活

春休みというのは退屈だ。高校一年が終り、二年の始まりを待つまだ肌寒い昼下がり…。
あてもなく部室を覗いたら無人だった。やはり運動部でもないのにこんな日にのこのこ学
校に来る馬鹿は
(いねぇ…)
加賀が自嘲気味に思ったその時。
「加賀ぁ?」
聞き慣れた声に振り向くと
「びっくりしたなぁもう…」
と眼鏡をずりあげる筒井。続けて
「こんな所で何してるんだ?」
聞きたいのはこっちだが
「…家で喫うと親父がウルサくてよ」
と返す加賀。つい悪ぶるのはサガか筒井のせいなのか…?

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 0
 
/ 20ページ
このページを編集する