Raven Emperor―episode zero―

age18~24 俺達の始まり




俺たちの物語が始まる少し前。

伝説を一つずつ積み重ねていた頃の話。










―謙吾side―

目的地を目指しながら、道を挟んだ向こう側にある大学をチラリと視界に捉えた。

入学式にふさわしい服に身を包んだ生徒達が、期待に胸を膨らませた様子で校内へと向かっていく。

校門に立て掛けられた看板には大きな文字で入学式と書かれている。

もう、そんなシーズンなのかと目を細めた。


俺達もあんな頃あったよなぁ、懐かしい。


少し前を行く紅葉と美智瑠の背中に視線を戻して、遠い記憶を蘇らせた。


俺がこいつらと出会ったのは二回目の大学一年生の春。

調子にのって女遊びをしていてトラブルに巻き込まれ、停学処分を受けた俺は進学できずに腐っていたんだ。

そんな時に、この2人に出会った。

最初は物珍しさに。

でも、だんだんと、この2人に興味を惹かれていった。

今こうして共に居られるのは、あの時の出会いが運命だったからかもしれねぇ。



0
  • しおりをはさむ
  • 303
  • 6613
 
/ 58ページ
このページを編集する