屋久島小説 山小屋民宿「一日千秋」(やまごやみんしゅく いちじつせんしゅう)

鷹橋 香 ノンフィクション・実話
5ページ(完結) 更新日 2017/03/07 読者 84人 公開 0 0
魔法のiらんど大賞エントリー作品

屋久島小説 山小屋民宿「一日千秋(いちじつ せんしゅう)」

 『屋久島を舞台に、実際にあるお店や小説だけに出る架空のお店や人物などをモデルに、『屋久島』を紹介する小説を書いています』


 実名モデル提供先

 喫茶 ケルン さん (山岳ガイド)

 クルマ クワハラ さん (レンタカー)

 ゆたか さん (マリンレジャー・島内一周観光ナイトガイド)

 喫茶 こもれび さん (お好み焼き屋)


 喫茶 洞ぶち さん


 他


 あらすじ


 都会からやってきた大学生 前田 友裕(まえだ ともひろ)は、大学生活の最後の思い出作り……というよりも就活に疲れた現実逃避に『屋久島』にやってきた。

 最初は友だちの感想や自分の想像で『屋久島』を考えていたが、“屋久島”に「住む人々の暮らし」や、「知られざる自然」に、都会の感覚で見ていた「屋久島」とは違う、『本当の屋久島』を知りながら、『本当の人間のコミュニケーション=本当の人生』について、少しづつ、“本当の自分の感覚”で、考えるようになる。

 屋久島で最初に泊まった山小屋民宿『一日千秋(いちじつ せんしゅう)』のオーナーの、無口で不愛想だが素朴な「ごく当たり前の親切」という人間の暮らしの〝人間のコミュニケーション”にーー

≪都会の暮らしと文明と憧れの自然のリゾートの本当の現実≫に。

 青年は『大学生活の最後と社会人の始まり=これからの人生』について考えるようになる。


 この小説は「屋久島の現実」をモデルにした『フィクション仕立ての半ドキュメント』です。

※山小屋民宿「一日千秋」は実在しません。
      
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 0
 
このページを編集する