さようなら、なんてね

伊吹 春乃 純文学・シリアス
270ページ(完結) 更新日 2017/04/19 読者 5684人 公開 0 0







「 秋雨恭弥です、よろしく 」


今でも鮮明に覚えている、彼との出会い。










彼の瞳に、いつもわたしは吸い込まれそうだった。




  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 38
  • 216
 
このページを編集する