♪音楽と奥野師匠と私♪


小学生の時からドラムをやってるという奥野くんとバイトで出会う。
仕事を変えて1~2年がたった頃、仕事のモヤモヤから、ボーカル教室の体験レッスンに参加してみることに。
元々歌が大好きだったから、「カラオケが上手くなったらラッキー!」ぐらいな気持ちで無料体験レッスンに行ってみたら、内容に納得いかなくてちゃんとしたところで習いたくなったのが始めたきっかけ。

京都のソウルシンガー渡辺大之伸先生のボーカルクリニックで3年半習う。
2000年奥野くんの呼びかけで集まったメンバーでバンド「BBJ」を組む。
わたしの人生初ライブは高槻城跡公園のフリマ&ライブのイベント。
数年後に奥本めぐみ先生に3年ほど習う。
中心メンバーの1人だった先生のおかげで、高槻BIRDの関西JAZZFUNKセッションにも通うようになってそこでも実践の勉強。
そしてバンド活動を通してドラマー奥野くんやメンバーから、コツコツと地道に基礎を積み上げていく楽器人のカッコ良さと考え方を身近に見て勉強。
特に奥野くんは、毎日の基礎練習を欠かさない姿勢とか、ブルースやファンクやポップスなどいつも5バンドほど掛け持ちしながらも、練習までにはしっかり曲を覚えて完璧にして行くその姿勢とか、奥野くんはわたしの長年の音楽の師匠でもある。
奥野師匠の名言
「基礎練習をやればやるほど、もっと深いところから音楽を楽しめるようになるで」
これは深い!
まだまだ深いところから楽しめるようになりたい。

2010年春に、10年続いたバンドBBJの活動が終わる。
高校生の頃にFコードの壁を越えれずに挫折して、その後10回以上も挫折したり飽きてやめたりを繰り返して全く続かなかったギターをまた始めて、2011年秋からわたしのボーカル&ギター+奥野師匠のパーカッションで「オトホギ」をスタート。
初ライブは12/4の枚方中央図書館広場での小さなフリマ&ライブ。
2016年7月から神戸の灘まで、ギタリスト田村太一さんのレッスンを受けるために通い始める。
まだまだ成長期♪
0
開始日 2001/05/06
更新日 2017/06/22

[0] 戻る

魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2017