外反母趾


外反母趾で悩んでいませんか?

外反母趾って痛みが無いうちは気になりませんが、痛みが出るようになってくると、先の細い靴を履けなくなったりして、オシャレをしたい女性にとっては大問題ですよね! 




姿勢矯正をするには、整体カイロプラクティックが有効です。頭痛腰痛肩こりO脚X脚でお悩みでしたらぜひ整体カイロプラクティックを受けてみて下さい。
外反母趾ってどんなものなの?

「外反母趾」とは、足の親指が外側(小指側)に曲がる病気で、曲がり方がひどくなると痛みで歩けなくなります。一般的には、足の親指が外側に曲がるだけのように思われがちですが、親指の付け根(第2関節)が外側に広がり、出っ張ってきます。足の親指の変形と親指の付け根の出っ張りのため普通の靴を履くと痛みが出て靴が履けなくなります。


外反母趾になる原因は?

「先の細い靴」や「踵の高い靴」が主な原因であることが多い。「先の細い靴」は、足の親指を外側の押し曲げます。しかも「踵の高い靴」を履くと爪先が前にすべるように大きな力がかかります。女性のハイヒールは、この2つの力が爪先に加わるため非常に外反母趾になりやすい。また、外反母趾と合わせて内反小指が同時に生じることも多くあります。「内反小指」とは、足の小指が内側(親指側)に曲がるもので、外反母趾と同じように、ひどくなると痛みを生じます。靴以外の原因でも外反母趾になることもあります。靴以外の原因としては、「遺伝」によるものと「歩き方」が原因のものがあり男女の差に関係なく生じます。遺伝の場合は、外反母趾の原因になるような靴を履かなくても成長とともに足の親指が曲がってきます。歩き方に原因があるものは、主に足の内側だけに力がかかるように歩く(足が内側に捻るように歩く)ため、親指が外側に曲がってしまうのです。「踵の高い靴」によって生じる外反母趾との違いは、「爪先の細い靴」や「踵の高い靴」を履いていないにもかかわらず外反母趾が生じるところと、靴によって生じる外反母趾が「内反小指」を伴うことが多いのに対して、歩き方によって生じる外反母趾は、「内反小指」を伴うことが少ないという違いがあります。


外反母趾の予防法

外反母趾の予防に最も大切なのは靴選びでしょう。「爪先の細い靴」や「踵の高い靴」は履かないようにすることが大切です。難しいのは子供の靴の選び方です。成長が早い子供の靴を選ぶとき、ついつい大きめの靴を選んでしまうことがありますが、これも外反母趾になる原因の一つです。大きい靴は、靴の中で足が動き、爪先が靴の前の方にぶつかり、徐々に指が曲がってしまうことがあります。また、外反母趾は親指が外側に曲がるため足が内側に捻るように歩くようになり、その歩き方が外反母趾を悪化させます。靴に原因が無い外反母趾は、歩き方を治す必要があります。足を内側に捻るように歩くのを辞めて、体重が足の爪先に真っ直ぐかかるように歩くことです。



ブログ
お手紙はコチラ

外反母趾の治療

外反母趾には様々な治療があります。「靴や足底板による治療」「サポーターやテーピングなどの装具による治療」「運動療法」「薬による治療」「外科手術」などがあります。外反母趾は、指が少し曲がっている程度から、関節が脱臼した状態になっているものまで個人差が大きいため、自分の状態に合った治療を選ぶ必要があります。「靴や足底板による治療」は、外反母趾を治すというよりは、足の痛みの軽減を目的と行われます。」「サポーターやテーピングなどの装具による治療」は、外反母趾の歪みが無い状態に固定することが主な目的で行われてます。「運動療法」は、足の筋肉(主に指の運動)を鍛える運動と関節のストレッチが中心になります。「薬による治療」は、外反母趾の痛みを軽減するための痛み止めや湿布が中心になります。「外科手術」は、痛みがひどい場合や、曲がっている指を真っ直ぐにしたい人が行います。以前は外反母趾の手術後、長期間にわたって手術後の痛みに悩まされる人や、足の指が曲がらなくなる人、など手術をしても思うような結果が出ないことがあったようです。


外反母趾治療って本当に治るの?

外反母趾の治療の現実は、かなり厳しいものだと思われます。「靴や足底板による治療」「サポーターやテーピングなどの装具による治療」「運動療法」「薬による治療」は、実際に外反母趾になった人が長期間行ったとしても、ほとんどの人が元どおりの足の状態に改善されることは無いと思っていいでしょう。外反母趾でも軽症の場合は別ですが、これらの方法を長期間行っても現実的に改善されたという話は、ほとんど聞くことはありません。外反母趾は、指の付け根の靭帯が左右に伸びて、指の付け根部分が左右に広がっています。これを改善しなければ外反母趾は治りません。しかし一度伸びてしまった靭帯は、なかなか元には戻りません。足には、立っているだけで非常に大きな力がかかります。靭帯を元に戻すためには、靭帯を固定した状態で数ヶ月過ごす必要があり、大きな力のかかる足を、常にその状態に保つことは現実的に不可能に近いものがあります。「外科手術」は、最終手段だと考えたほうがいいと思います。思いどおりの結果が出ないことがありますので、よく考えて行ったほうがいいでしょう。

頭痛肩こり腰痛椎間板ヘルニア背中の痛み股関節の痛み



頭痛肩こり腰痛椎間板ヘルニア背中の痛み股関節の痛み
0
開始日 2008/11/07
更新日 2012/10/25

63869.gif HP編集| HP作成 63867.gif

魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2017