椎間板ヘルニア


椎間板ヘルニアで悩んでいませんか?


椎間板ヘルニアの人って最近多いですよね。経験さたことがある人しか、あの痛みは分からないと思いますが、とても痛くて歩くこともできなくなってしまいます。椎間板ヘルニアに一度なると癖になると言う人がいますが、本当に椎間板ヘルニアをした人で頻繁に腰痛を繰り返す人は多いようです。



姿勢矯正をするには、整体カイロプラクティックが有効です。頭痛腰痛肩こりO脚X脚でお悩みでしたらぜひ整体カイロプラクティックを受けてみて下さい。
椎間板ヘルニアってナニ?


「椎間板ヘルニア」とは背骨の骨と骨の間にある軟骨(椎間板)が正常な状態より外側に突出(ヘルニア)した状態を言います。椎間板のすぐ後ろを脊髄(背骨の中の神経)が通っています。その神経を椎間板で刺激すると、痛みなどの様々な症状が出てきます。椎間板ヘルニアは首から腰まで椎間板のある関節(頚椎2番より上には椎間板は無い)のどこでも起こりえます。


ipchar12.gif
椎間板ヘルニアの症状は?


椎間板ヘルニアの症状で特徴的なのは、とても強い痛みと、首のヘルニアでは肩や腕、腰のヘルニアでは臀部や脚にシビレや痛みが出ます。(腕や脚に痛みやシビレが出ないタイプのヘルニアもありますが…)。首のヘルニアでは「首が回らない」「腕が痺れる」「手に力が入らない」などの症状が出ることが多く、腰のヘルニアでは「腰の痛みで立てない」「脚が痺れて辛い」「脚に力が入らない」などの症状がでるため普通の生活ができなくなってしまいます。クシャミなどでも強い痛みが出ることも特徴です。椎間板の突出が非常に大きい場合、内臓機能にも影響をあたえ、排尿障害などを起こすこともあります。病院で行われる椎間板ヘルニアの治療は、一般的に保存治療で電気や牽引が多く、痛みが強い場合は痛み止めの薬、又は腰に痛み止めの注射をします。ちなみに、背中の肋骨のある部分での椎間板ヘルニアは、全体の椎間板ヘルニアのうち、ほんのわずかしか発生していないようです。肋骨のある部分では背骨にあまり可動性が無く、あまり動かないため椎間板を傷めることが少ないためだと考えられます。


椎間板ヘルニアになる原因は?


椎間板ヘルニアになる原因の多くは姿勢が関係しています。それ以外にも「年齢的なもの」や「遺伝」などもあります。遺伝的に椎間板が弱い人がいることは一卵性の双子の調査によって分かっているそうです。「年齢」が関係しているのは、椎間板ヘルニアが30歳~45歳くらいにかけての年齢で多く発生していることから、年齢による老化も関係しているようです。しかし、最も大きな原因は「姿勢」だということははっきりしています。椎間板ヘルニアを繰り返している人でも「姿勢の改善」を行うことによって椎間板ヘルニアを繰り返すことが無くなります。これは年齢に関係なく、繰り返す事が無くなるため、最も大きな原因は姿勢だということは明らかです。



ブログ
お手紙はコチラ

椎間板ヘルニアを改善するには?


椎間板ヘルニアは背骨を前に曲げる動作を繰り返すことによって、椎間板が後方に突出して、椎間板の後方を通る神経を刺激して起こることが最も多いようです。背骨を前に曲げる動作というと、首では下を向いて本を読むような姿勢、腰では座る時の猫背姿勢が大きな原因になっています。椎間板ヘルニアを予防するには、この姿勢を改善しなければなりません。椎間板ヘルニアを繰り返すひとは、ヘルニアの痛みが消えた後、また椎間板を壊すような生活に戻ってしまっています。椎間板を壊さないような生活にすれば椎間板は簡単に壊れてたりしません。姿勢改善無くしては、椎間板ヘルニアの改善はありません。ちなみ椎間板ヘルニアを手術した人でも同じです。ヘルニアを手術しても、また同じ生活をしていたのでは、また椎間板ヘルニアになってしまいます。


椎間板ヘルニアを予防しよう!


椎間板ヘルニアを予防するためには、姿勢を改善することが大切。姿勢を変えるにはどのような方法があるのでしょうか?カイロプラクティックや整体、姿勢矯正エクササイズなどがあります。カイロプラクティックや整体を受けただけでは姿勢は変わりませので、姿勢の指導もしっかりしてもらいましょう。それから、物を持つ時の体の使い方なども工夫する必要があります。姿勢を改善する場合、姿勢改善を助けてくれる道具を使用すると楽に姿勢改善が行える場合があります。最近は優れた姿勢補助具が売られていますので、そのような道具を使用するといいでしょう。

カイロプラクティック整体O脚X脚猫背矯正姿勢矯正背中の痛み股関節の痛み



カイロプラクティック整体O脚X脚猫背矯正姿勢矯正背中の痛み股関節の痛み
0
開始日 2008/11/01
更新日 2012/10/25

63869.gif HP編集| HP作成 63867.gif

魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2017