日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど文庫

大人気書籍化作品の最新情報サイト

苛苛10連発アンケート♥第3回 アンケート結果

どのキャラがいちばん嫌い?
苛苛10連発アンケートッッ!!! 第3回

ゆいかの敵は奏の敵!誰が一番、許せない!?

※投票受付は終了しました。
たくさんのご投票と書き込み、ありがとうございました!

映画館さんのコメントを掲載中!

▼苛苛シーンの詳細はコチラ!

175(48%)
10(2%)
8:松田総
4(1%)
2:山崎楓
2(1%)
9:カフェのウエイトレス
2(1%)
10:小林・三池コンビ
2(1%)
合計:358票

みんなの感想を見る

※このページはアイポリスが巡回を行なっております。

1:西条里香

「あんたごときが奏様を呼び捨てにしないで!」
女の人が急に立ち上がりこちらに歩いてきたかと思えば、私のお腹を思いっきり蹴り上げた。
「う゛っ!!!!」
女の人とはいえ手加減なしにされると息もできないほどの激痛が襲う。

『溺愛[上]』p.105 より

【編集部コメント】まりかと手を組み、ゆいかを拉致した西條組の娘。まりかの指示で、残酷なことを平気でやってしまう、怖〜い女。奏の婚約者を名乗るなど、思い込みも激しい!ここまでやる?

2:山崎楓

ズキズキと音が聞こえそうなほど傷が痛い。落ちているスタンガンを見て、苦笑いを零した。
こめかみを生ぬるいものが流れて気持ちが悪い。
「いい子ぶっちゃって。あんたなんかより私の方が奏様に相応しいんだから!」
泣き叫ぶ女の人はきっと奏のことが本気で好きなんだろう。
だけど、ここは引けない。

『溺愛[上]』p.183 より

【編集部コメント】新城組同盟「山崎組」の一人娘。奏の妻の座を狙っていた楓は、結婚の披露目の場にもかかわらず、奏にべったり。しかし、ゆいかも負けてはいないんですよねー。がんばれ、ゆいか!

3:洋子・忍

「桃がされたことを白虎の彼女達に言っただけ。そしたら桃が聞いたような噂になって広まったの」
クスリと笑う彼女は、ただただ怖くて。ゆいかさんへの膨れ上がった黒い感情も消えていない私は、噂を否定することもなく、ただただ皆に同情を寄せられていた。

『溺愛[下]』p.89 より

【編集部コメント】林道高校の生徒で、白虎メンバーの彼女達。ゆいかに関する、悪意のある噂を流すという、腹黒い女子高生。

4:立花桃

「どうしようもなく落ち込んでいたら、言ってくれたんです。お母さんが、悪いことをしたのなら謝りなさいって」
「ッッ、」
ズキリと、心が音を奏でた。母親への感謝をキラキラとその目に宿して、立花さんは迷いのない目を私に向ける。
「このクッキーはお詫びにと、母に手伝って貰って2人で一生懸命作りました」

『溺愛[下]』p.127 より

【編集部コメント】蓮に片想いする純真無垢な、ゆいかが苦手とする類いの女の子。しかし、無垢すぎるのも、時には罪にもなっちゃうわけです。いい子なんでしょうけどね〜。恋した相手が悪かったのでしょうか…。

5:西園寺龍也、西園寺千佳子

「あ、あの! 奏は!? 奏はどうなったんですか!?」
私の懇願するような声を、彼は嘲笑って吐き捨てた。
「死んだよ」
私の中で、何かがぐしゃりと、潰れた音が聞こえた。

『溺愛[下]』p.175 より

「あ、姐さん、これは流石に……」
部屋の中の組員が狼狽える。
「お前ら、死ぬか、犯すか、どちらか選び。新城の虎がハマった身体や、極上やで?」
嬉しそうに笑う彼女の狂った目に、組員達が息を呑む。
「ほら、ヤリ?」

『溺愛[下]』p.178 より

【編集部コメント】龍綺父・龍也と龍綺妻・千佳子。龍也はゆいかを300万円で買った張本人。千佳子は勝手な思い込みから、ゆいかの背中にタバコの火を押しつけるなど、非道の限りを尽くす。ボロボロになったゆいかを待っていたのは、奏との感動のシーンなんですけどね。それにしても、千佳子酷いっ!

6:ミス日帝大候補達 美作綾・瀬戸まひる・荒川未来・三谷結衣

「調子こいてね?」
「うっざ」
「キモい」
ついに小学生のような悪口に変わり、私は内心苦笑した。
うち1人が、何やらゴソゴソやり出したけど、悪口に気を取られていた私は気付かなかった。
バシャッ!!!
「……ぇ?」
ポタリ、ポタリと伝う水。
「あれぇ? バケツの水を捨てようと思ったら人がいたぁ。すいませ〜ん」

『溺愛U[上]』p.284 より

【編集部コメント】大学のミスコン優勝を狙う女達。なんというか、やり方が身も蓋もないですね…。ちなみにこの時、ゆいかのお腹には小さな命が宿っていたんです。

7:篠

「篠でございます。“奥様”? 初めまして。何かお困りなことがありましたら、何でもおっしゃってくださいまし」
そう言って私に近付いて、耳元でそっと囁いた。
「身重でお相手も困難でしょう? ご心配なく。ウチが“いつものように”ご満足させて差し上げますよって」
「っっ、」
私から顔を離した篠さんはニッコリと微笑んだ。

『溺愛U[下]』p.134 より

【編集部コメント】妊娠中のゆいかに奏との関係を匂わせる老舗旅館のとんでもない客室係。奏さん、思わぬところで黒歴史が暴露されてしまいました。

8:松田総

松田総が私の髪を掴んで顔を引き寄せる。
何の前触れもなく触れ合った唇に、吐き気がした。遠慮なく侵入しようとする舌から顔を背け、渾身の力で松田総の頬を打った。
「傷付くなぁ、これから愛し合うんだからキスくらいで音を上げちゃだめだよ?」
「っっ、ウッ、」
嗚咽が込み上げ、口を押さえる私にそう言った松田総は、打たれた頬を触りもせずに、笑顔を張りつけたまま私の内腿に手を滑らせる。

『溺愛U[下]』p.224 より

【編集部コメント】こうしてみるとゆいかって、アブない奴にばかり愛されている気がしないでもないような…(涙)。ゆいか達に賞金を懸けて拉致しようとしていた謎の敵。その黒幕は意外な人物でしたねー。

9:カフェのウエイトレス

「他にご注文はございませんかぁ? “私”でもいいですよぉ?」
完全にアホ発言をしている彼女は胸の谷間を強調して奏にすり寄る。
どう見ても10代の彼女は、どうやら奏狙いの様子。
私の旦那様はもう37歳なのに、まだまだモテモテのようだ。

『溺愛V[上]』p.265 より

【編集部コメント】ファミレス、喫茶店、カフェと、どこに行ってもウエイトレスさん達の注目を集める奏。今回は、代表で彼女に登場してもらいました。それにしても、迫り方が図々しい。落ち着いてお茶もできません。

10:小林・三池コンビ

「新城さんってね、あれだけ素敵でも未だに結婚してないのって、あの女との関係を引きずってるからなの。しかも縁談断るのもあの女の指示。女と話さないのも、ね。あんだけイケメンなのに新城ゆいかの言いなりなんて勿体ないわよねぇ?」
「……」
ゆいかさんへと一方的に向けられる理不尽な話は、私達を絶句させた。

『溺愛V[下]』p.64 より

【編集部コメント】新城コーポレーションの女性社員コンビ。蓮に見向きもされず、奏には存在すら認められず、ある意味可哀想なんですが、当たり所がゆいかって、やっぱり間違ってますよね。

▲アンケート結果はコチラ!

「溺愛」特設サイトへ戻る

Menu

  • NOVEL「ノベ文庫」特集
  • 溺愛
  • お女ヤン!!
  • BLACKシリーズ
  • 家政婦さんっ!
  • ワケあり生徒会!
  • 桜龍 嵐の序章 編[下]
  • 「恋空」10年目の真実 美嘉の歩んだ道
  • セクシーで憧れちゃう大人の&hearts恋「大人ラブ」
  • 第10回魔法のiらんど大賞
  • 立ち読みピックアップ
  • メディアワークス文庫
  • 特設サイト一覧
ページトップに戻る