β公開中

エボラ出血熱も南アフリカの新聞でリベリアの細菌感染症の専門家、ブロデリック教授は、「アメリカは1975年、南アフリカと協力してアフリカの黒人の人口を削減する目的でエボラウイルスの実験を行い計画を立てた、」新聞で文書や証拠を公開し、「アフリカ大陸で一連の秘密裏の作戦を実行し、合意書200という暗号により、エボラウィルスの製造と拡散を行っていた。」と語り、ギニア、リベリア、ナイジェリアなどアメリカ軍兵士の入国を認めないよう求め新聞メディアでも伝えてる。
http://japanese.irib.ir/news/commentaries/item/48912
 

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/48914-
 

ガーナの男性は赤十字に注射された人だけ感染し皆拒否してる、とインターネット上で述べた。その証拠にWHO(世界保健機関)は1月までに感染者は120万人に上ると述べていたが週99人に激減し4月には工兵は撤退する。エボラ熱の薬の資金提供マイクロソフト社長のビル・ゲイツはワクチンによる人口削減が可能とスピーチを行 っている。ロックフェラーも人工削減したい、同時多発テロ時映画監督に語っている。(同時多発テロ参照)
WHOの1972年のの内部書類で「ワクチンの形をした生物兵器の開発の必要性というものがあり、人の免疫力を破壊する、人体をたくさんのウイルスで破壊させる とある。アメリカ世界18カ国に送ったインフルエンザワクチンの中に、死亡率は60%の強毒性・鳥インフルエンザウイルスが入っていてチェコの研究者が発見し、アメリカは誤って入ってしまったと認めた。これら二つはジャーナリストにより裁判になっている。(半分より下から)
「豚インフルエンザは実験室で作られた可能性が高い」坑インフルエンザ開発者(半分より上)
http://www.thinker-japan.sakura.ne.jp/dontvaccinatedkouhan.html

エイズもボイド・E・グレイブ博士がアメリカが撒いた証拠を挙げ裁判されている。入手した書類はアメリカがエイズと同じ物を作っていた WHOがボイドに間誤って渡したアフリカの人口削減計画書等。
http://eharagen.sun.macserver.jp/aids_history.html


アフリカでエイズ患者が発見されたのは1983年。1977年にWHOが天然痘予防接種した中央アフリカ・ウガンダ・ハイチ・ブラジル。それらの地域全てで大流行。

ロンドン・タイムズ1987年5月11日
「1977年、WHOはアフリカ、ブラジル、ハイチで天然痘予防ワクチンにエイズ・ウィルスを混ぜ、有色人種に対し無料で大量に接種した。」
エイズの共同発見者ロバート・ギャロは「私はそれが実は起こったと言うことができません、しかし、天然痘のために使われるそれのような生ワクチンの使用がHIVのような潜伏中の感染症を起動させることができると、私は数年間言っていました。」

http://web177.net/index.php?AIDS
  

1978年、米国メリーランド州の国立衛生研究所伝染病予防本部は、ゲイの男性1000名に対し「ゲイの男性は肝炎にかかりやすい」として「無料」でB型肝炎ワクチンの注射を実施した。6年後にはその男性の64%がエイズを発症。

1984年 米国科学振興協会の機関紙において「エイズウィルスは人為的な医原病であるらしいことが強く推定される」という内容の論文が掲載。
ウイルスの多くが黒人の国で起きている。人種差別。

日本赤十字社の名誉総裁は皇后陛下。エボラは赤十字に注射された者のみ感染。そして雅子様の周りは皆犯罪組織創価学会。


子宮がんワクチンは猫の去勢などに使う不妊薬が入ってる。(人工削減)
予防接種、ワクチン(犬猫含む)も接種後副作用で死ぬこともある。
18歳までに 打つワク チンの中でチメロサールという薬品があり、水銀が半分入っている。これを使い出してから自閉症が何倍にも増えており海外の裁判で訴えた母親が勝利。世界の医師も自閉症団体も訴えている。

ワクチンを接種した人とそうでない人は2-4倍重い病気になると自閉症団体は調査グラフを公開
http://www.tomorrowkids-service.com/autism/vaccine_childhealth.html

公式データでも(上記HPにも載っているが)突然死の数がワクチン接種始まりから増加 曲線がピタリとみごと一致している 接種が増えると突然死も増える


癌の特効薬 医療大麻

癌には大麻が特効薬とされ抗がん剤のような副作用がない。アメリカをはじめ世界10カ国で使用。アマゾンで日本で合法化されたカンナビジオールが販売。日本はアメリカの抗がん剤が儲からなくなる為おそらく隠蔽。
1800年代から医療目的などなどで使っていたがアメリカGHQが廃止した。

抗がん剤は痛みを和らげるのを含め20%、部位により50%しか効かない。

ハーブ治療で150の症例の内少なくとも70パーセント以上完治しデータ公開しアメリカで70万部本を売り上げ薬が儲からなくなるため政府の圧力で海外で治療を続けたクラーク博士のハーブカプセルもおすすめ 寄生虫が癌を作るからそれを解除するというもの 日本で買える パラストロイ 

春うこんも研究会が末期がん含む30の内25有効と述べている。その他有機栽培も海データで効くとでてる。(英文で詳細不明)
癌のほとんどが薬の副作用で死ぬ。癌を光で完治るするものをロイヤル・レイモンド・ライフ 博士が1913年に開発されていたがロックフェラーにより抹消させられた可能性がある。最終的には末期癌も100パーセント感知したと言われており、苦労の末癌完治と新聞にでてる。研究所が爆破されてるので装置などの証拠はない。
http://www.thinker-japan.com/life.html

なんと最近日本人が開発し試験開始と読売オンライン。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150507-OYT1T50035.html


1973年にロックフェラーの支配系一族がAMA(アメリカ医師 会)と共に薬が使われなくなるのを嫌ってカイロプラティック療法士に妨害活動をし、裁判を起こされ妨害の永久停止命令を下されている。


牛乳も発ガン率は上がる。
牛乳の前立腺の発癌率 1.6倍と厚生労働省は発表。あまり知られていないのはアメリカから小麦を輸入してる為。



0


魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2018