俺自身のために書く。

東京ハードコア ギロチンテラー クルミの【俺の独り言】

行くぜ、大阪‼️ SOCORE FACTORYでライブ!

一夜明けてライブに頭を切り替える。
仕事にのめり込めば、のめり込むほど、ギロチンテラーや弾き語りの情熱に近づいていくというのは、一見矛盾しているようだが、実はそうではない。

伝えたい事は、労働にまみれた日常の中にある。


労働にまみれ、家族を養い、誰の力も借りずに、他人様の財布に頼らず、自分の感性、仲間とのタッグにより、この世を生き抜いていく。

その生き方が、すでにハードコアなのだ!

それ自身こそが、タフなハードコアの魂であり、そこにメロディと詩がのれば、俺のHARDCORE & SOULになる。

だから、仕事をどこまでも追求しようと思うのだ。
中途半端は嫌いだ。
人生の大部分は仕事に費やす事になる。
ならば、全力でぶつかっていかねば、何の命ぞ。

全力で仕事に没頭するからこそ、一服の時間に、社員と馬鹿話をしたり、コンビニで隅に追いやられた雑誌をパラパラめくりながらコーヒーを飲む事さえもが輝く。

そんな日常でさえ、

俺、人生を生き抜いているな、と思えるのだ。


昨日は職長である社員を手もとに、みっちり労働した。

5時作業終了。
後片付けをし、現場近くの作業服屋を冷やかしに行く。
昔ながらの地味な作業服を売る店だが、こんな店には普段着にしたくなる渋い作業服が置いてあるのだ。

環八外回りは渋滞。
金曜の夕方は、いつも以上に混んでいる。
帰りの運転は社員、俺は助手席。

パトカーに停められ職質。
ブレーキランプが切れている、とのこと。
よくある停め方である。

田園調布署のお巡りさん、ご苦労さま。
セットハンマーから掛矢、ハンマー、ノコギリ、カッター、ドライバー。
いざとなれば武器となるものだらけだが、いずれも仕事道具。

ハッチを開けた時、大きな箱に貼った数々のステッカー、そして、懐中電灯で照らしたフロント部分にはCDの山。

パンクなんですか?と聞かれたが、

俺は苦笑いして無視した。


コンビニにより、ビールと焼き鳥数本。
随分嚙みごたえのある焼き鳥だ(苦笑)
コンビニの焼き鳥上等だぜ!


多摩川土手の道を上っていく。
いつの間にか爆睡。

7時半、帰宅。
カミさんと娘は酉の市へ。
俺は作りおきの鍋を温め、芋焼酎のお湯割りを飲みながら夕飯の支度。

メシを食ったら、仕事のメールやFAXをチェック。

9時、風呂に入る。
今にも爆睡出来るが、そんな時こそ、湯船にゆっくり浸かるようにしている。
俺の健康の秘訣、それは入浴かも。

10時、明日のライブの準備。
A3のクリアケースにコルク板を貼り、CDやワッペンなどを貼り、物販のケースの出来上がり。
スゲェいい感じ。

つづく

〓Japanese Hardcore & Soul〓
GUILLOTINE TERROR

br_c_2380_1.gif
パンク・ハードコアランキング

punk88_31.gif
にほんブログ村

pv01262450.gif

2019/11/09(土) 00:04:18

東京ハードコア ギロチンテラー クルミの【俺の独り言】

GUILLOTINE TERROR OFFICIAL WEBSITE TOP PAGE

魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2019