花の日常

二人で暮らすということ

二人で暮らすということは、色んな事がある
譲り合うこともある
妥協することもある

でも、支え合えることもある
きっと、こっちの方が大きいのかもしれない


今、Mくんのアパートで過ごす日の方が多い
Mくんのアパートは、一人暮らし用だったから、小さなキッチン
食事が不安な私には、キッチンは重要だし、食事が規則正しく摂れないことも不安になる



でも、その時々で順応していくことは、大事
今まで、食事が遅くなるのが不安だった
夕ごはんは特にそうだ
でも、Mくんは、お仕事が終わるのが遅いから、夕ごはんは7時30分頃になってしまう
私は、遅くなっても、夕方6時だった


そんな私が今は、この生活に慣れようと、Mくんの帰りを待って一緒に食べている
最初は、私だけMくんの帰りを待たずに、6時前に食べてしまっていた

そのとき、
「花ちゃんの調子が悪くならないことが大事だから。」
と言ってくれたMくん

あたたかいなって思った


だんだんと、私の方が一緒に食べることが楽しいから待つようになった
今は、遅くなっても一緒に食べている



過食嘔吐はない
過食の原因は時間じゃないんだなぁと思った
今まで、マイルールが沢山あって、それが崩れると過食衝動になってた


体重測定もそうだし、
食事の時間、
食事の内容、
揚げ物がダメとか、いろいろ


でも、今は、何でも大丈夫になった
体重計自体ないから、体重測定もできないし、食事の時間は、バラバラだし、
食事の内容もMくんの好きなもの、作ったりもする
揚げ物がダメだったのに、昨夜は、肉体労働のMくんのためにトンカツにした


それでも、過食衝動もこないし、過食嘔吐にもならない


二人で暮らすということは、色んなことがあるなぁって思う
苦しみが半分こ、嬉しいは二倍


今日は、アパートの契約に行く
「同居人として、花ちゃんの名前書こうか?」
とMくん

一緒に行くことになった


ゆっくりペースで二人で暮らしていきたい




2019/11/09(土) 09:08:29

花の日常


魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2019