掲示板5

1/118
■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

14日はKIDBOXにて特別企画!亀有新春お笑い寄席♪

特別なだけにスペシャルなゲストを招いて新春早々満員御礼おひねりザクザク...の予定でしたが見事討死。

当然の事ながらゲストは荒れて場には不穏な空気も流れ...さあ次回2/18はどう成る?

01/14(月)20:34

■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

13日はKIDBOXにて近藤十四郎♪

前日が天才と鬼才と凡人のトリオだとしたら十四郎さんは天才+鬼才の部分を併せ持った稀有な存在。それを自己コントロール出来ているのは天性の才能。そしてそれを音楽で表現出来ているのはきっと努力でしょう。

親分肌で人望も有るけれど決して威張らない。そんな処も音楽に滲み出てます。やたら偉そうにするクセに結果を出さない老害は少しは十四郎さんを見習えって感じですよ。まあ無理か。

01/14(月)20:26

■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

12日はKIDBOXにて大欣うっ♪

天才と鬼才と凡才が組むとこんな感じ。凡才と言ってもそこそこのバンドに入っても天才レベルだ。それだけ高レベル。でも天才と鬼才だけではその魅力を上手く観客に届ける事は出来ない。それを上手くコントロールしてナビゲートする人材が必要なのがこのお三方を観ていてとても良く解ります。影のバンマス欽也に拍手。

とにかく玄人受けしますよね。それは6日に演ってくれた律ちゃんも同じ。ちょっと聴いただけでは解らないと思うけれどもっともっと普通の人に聴いて頂けると嬉しい。その素晴らしさに気付いた時の喜びは大きい。

01/14(月)20:14

■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

11日はKIDBOXにてさばいばるいとう♪今回はゲストに遥々博多から幻一郎!

今回の趣旨は鍋をつつき乍ら音楽を楽しむって事で大鍋でオデン。サイドメニューやデザートも充実。そして何にも増して破壊力抜群のゲスト。

いとうさんが何時もと変わらない安定感で40分ほど場を温めてからゲストの登場。本人が意識しているかどうかは判りませんが筆者の感想は大好きなザッパとデッドを足して2で割った感じ。一つ間違えれば単なる色物に見られてしまう危険性は有りますが歌唱詩の世界演奏力表現力そしてその総合力は凄い。出逢えて無いだけでこんな人はまだまだ沢山居るんだろうなあ。良き出会いをいとうさんに感謝。

01/14(月)20:01

■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

10日はKIDBOXにて銀太郎♪

今回は残念ながら無観客試合。そんな感じだから滞在時間4時間半の内訳はリハ15分~お話3時間半~本番45分。こんな機会だからこそお互い掘り下げた話も出来て。

考えている事と人間性がそのままストレートに音に出る。案外こう言ったタイプは少ないんですね。多少成りとも演技が入りますから。でも全球ストレート勝負も良いんじゃ無いですか?懐かしくも新鮮な気持ちで聴けます。

01/14(月)19:47

■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

2019年1月6日はKIDBOXにて村上律♪

律ちゃんのライブを観て毎回感じるのが完成度の高さ。パッと見はチビチビ呑みながらノンビリダラダラ演ってる感じですがトンでも無い!とにかく上手い。

ベテランの方達は殆どがそうですが一音一音の出し方演じ方が素晴らしい。経験に裏打ちされた安心感。村上律の演奏にはそれが溢れている。

01/14(月)19:38

■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

30日はKIDBOXにてよしだよしこ♪

2日にサムズアップで長時間に渡るゲスト満載全て立ちでのライブ。その豪華なライブを楽しまれた方も多いでしょう。それに対して今回は完全ソロで終始座りのライブ。

凛とした立姿で唄う彼女はとても魅力的。おそらく多くのファンはそれに慣れていると思うのですが座り姿もそれに勝るとも劣らず格好良いんです。

01/14(月)19:29

■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

24日はE-Jamプレゼンツ♪

上手いだけならそんな人は幾らでも居る。それだけでは聴く人の心には届かない。筆者はそこの差をお金を出してでも聴きたいと思うか否か?だと考える訳ですがその点から言えば今回は充分に前者レベル。

歌唱力は演奏力は置いといても各々のテーマと企画性が優れていたのが勝因ですね。何時までも心に残るライブ、お金を払ってでも是非聴いて観たいライブ、出来れば毎回がそう有って欲しい物です。

01/14(月)19:21

■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

23日はKIDBOXにてダニー坊や楽団♪

今回は何時もの3人に加えてバリトンユーフォニウムの越後屋パへぇを加えた4人編成。低音部が充実して音に厚みは出たけれどパへぇさんがどうもフィニッシュを理解して無い部分が多かったのが残念。

終わり良ければ総て良しって諺も有る位だから其処は練習有るのみって感じでしょうか?その点を除けば流石としか言い様の無い完成度。次回の編成はまだ分からないですが依り進化した姿に期待大です。

01/14(月)19:13

■[doobie]
[亀有にて] (0) Delete

22日はKIDBOXにて山崎怠雅♪ゲストにお馴染み伊藤きんぐ昭彦!

きんぐはニューギターで登場。前回来てくれた時に家のコールクラーク(fat lady2)を弾いてメイトンとどちらを購入しようか悩んでいるとの事でしたが結局メイトンを購入。型番は定かでは無いですが私の目に狂いが無ければ名器トミー・エマニュエルシグネイチャーのはず!本人も言ってましたがやや調整不足な感は有りましたが。

対する怠雅は店ギターを使用。店ギターって言ったって家はモーリスやヤマハのボロ何て出しませんよ。まずは彼の希望で前もって用意したT社を1本そして来店後にもう1本M社を用意して都合2本前後半弾き比べ。割と彼のスタイルに有っている2本なので違和感が無いどころかビジュアルはともかく音はドンピシャだった気がします。

3本合計すれば中古流通価格で3桁は確実。彼らのテクニックが有れば最低でもこのレベルは弾いて貰いたいよね。そうで無ければせっかくの唄やコーラスが勿体無い。国産外国製を問わず楽器の選択は大事。しかし残念ながらそんな最低限な事も出来ていない人が多いのが事実。

12/23(日)00:53

1/118

[1]スレッド投稿
[4]魔法のiらんど会員で書く

Find 0 回

[0]ホームページへ
魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2019