★大成シティフットボールクラブ坂戸の歴史★

1/1
■[大成シティFC坂戸公式ホームページ]
[クラブの生い立ち] (0) Delete
【2000年】
坂戸市立泉中学校サッカー部OBの有志を基に『北野FC』発足。

【2001年】
坂戸市社会人1部リーグで優勝するも、埼玉県社会人サッカー3部リーグプレーオフにて入間基地に敗退し残留が決まった。

【2002年】
坂戸市社会人1部リーグ優勝。埼玉県社会人3部リーグプレーオフにて優勝し昇格を決めた。またこの年にトヨタチャレンジカップ埼玉県大会に優勝し、初の関東大会出場も決めた。

【2003年】
3部昇格とともに『坂戸シティFC』に改名。地域名である坂戸を冠し地域に密着した活動を掲げる。埼玉県社会人サッカー3部リーグで優勝し2部昇格を決めた。

【2004年】
埼玉県社会人サッカー2部リーグ15位にて3部リーグへ降格。

【2005年】
埼玉県社会人サッカー3部リーグ8位。
01/09(土)20:09

■[大成シティFC坂戸公式ホームページ]
[クラブの生い立ち] (0) Delete
【2006年】
埼玉県社会人サッカー3部リーグ2位。プレーオフにて児玉クラブに勝利し2部昇格を決めた。

【2007年】
埼玉県社会人サッカー2部リーグ優勝。プレーオフにて川口SCに勝利し1部昇格を決めた。

【2008年】
これまで監督であった小川が代表になり、監督には飯能ブルーダーの熊谷を就任。
埼玉県社会人サッカー1部リーグ3位
関東選手権初出場(初戦敗退)
関東社会人大会初出場(ベスト8)
地域密着クラブを目指し地域活動始まる。

【2009年】
埼玉県社会人リーグ1部2年目にして初タイトルである優勝を飾る。
関東社会人選手権2回戦敗退。
関東社会人大会2回戦PKにより敗退。
オフィシャルサポーター【CB】の結成

【2010年】
埼玉県社会人リーグ1部2連覇達成。
会長杯初優勝。
彩の国カップ初出場。
関東社会人選手権Aブロック優勝。
全国社会人サッカー選手権大会初出場(山口県大会)関東社会人大会1回戦PKにより敗退
01/09(土)20:08

■[大成シティFC坂戸公式ホームページ]
[クラブの生い立ち] (0) Delete
【2011年】
メインスポンサー大成住宅様に決定
大成住宅協賛サッカークリニックが始まる
埼玉県社会人リーグ1部3連覇達成
4年連続関東社会人大会に出場するも昇格を逃す

【2012年】
埼玉県社会人リーグ1部4連覇達成
ENJOY FOOTBALLを追求し、5年目にして関東リーグ2部へ昇格

【2013年】
関東リーグ昇格を機にチーム名を『大成シティフットボールクラブ坂戸』に改名
これまで代表を務めた小川を顧問へ、そして新代表に株式会社大成住宅鈴木孝を迎え新体制でスタート
KSLⅡ部初挑戦は7位にて残留

【2014年】
KSLⅡ部リーグ8位にて辛くも残留、また大成シティ初のタイトルであるKSLⅡ部リーグ『フェアプレー賞』を受賞。

【2015年】
会長杯優勝。
彩の国カップでは天皇杯本戦出場を目指すがベスト4にて敗退。
KSLⅡ部リーグでは昨年に同じく8位にて残留。

【2016年】
KSLⅠ部昇格を目標にしながらも、地域活動を通じてより良い地域密着クラブを目指す。
監督交代というチームとして大きな改革をし、現在活動中。
01/09(土)20:07

■[大成シティFC坂戸公式ホームページ]
[クラブの生い立ち] (0) Delete

【努力は無限、勝負は一瞬!】

★チームスタイル★
【ENJOY FOOTBALL】

01/09(土)20:06

1/1

[4]魔法のiらんど会員で書く

Find 0 回

魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2019