掲示板1

1/20
■[よしひ]
[室屋氏、開幕準優勝] (0) Delete
「空のF1」と呼ばれる飛行機の世界最高峰レース「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2018」開幕戦は3日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで本選が行われた。年間総合2連覇を目指す福島市在住のパイロット室屋義秀選手(45)が準優勝した。
02/04(日)16:53

■[よしひ]
[冷え込み] (0) Delete
関東甲信を中心に朝の冷え込みが厳しく、さいたま市桜区では午前6時45分すぎに気温が氷点下9.8度となり、1977年の観測開始以来の最低記録を更新した。東京都心も氷点下3.1度を観測した。
01/26(金)10:07

■[よしひ]
[ひだ の台車に亀裂] (0) Delete
和歌山県の新宮駅で名古屋駅に向かう前の特急列車の台車の一部におよそ10cmのひびが入っていたことがわかりました。

台車の一部にひびがみつかったのは和歌山県の紀伊勝浦駅から名古屋駅に向かう予定だった「特急ワイドビュー南紀」です。

JR東海によると21日午前7時半ごろ、運行前に新宮駅で行われた目視による点検で運転士が気づいたということです。

ひびは車輪を安定して回す役割を担う部分で見つかり、幅24cmのうちおよそ10cmに及んでいたということです。
01/22(月)14:57

■[Yoshihi]
[関東で雪の予報] (0) Delete
気象庁によると、前線を伴った低気圧が22日朝から23日夜にかけて本州南岸を沿うように九州から関東の南沖へ進むと予想。一方、上空1500メートル付近には雪の目安となるマイナス3度の寒気が関東南部にまで南下する。
 このため、太平洋側では山沿いを中心に広い範囲で雪となる見込み。23日正午までの24時間予想降雪量は多い場所で東北太平洋側で20~40センチ、関東甲信で20~50センチ、関東平野部で10~40センチ、東京都心でも5~10センチとなっている。
01/21(日)16:26

■[よしひ]
[ホリデー快速などE257系化] (0) Delete
JR東日本八王子支社は19日、春の臨時列車の運転について発表した。同支社は、「ホリデー快速富士山」、快速「山梨富士」、快速「富士山」の3列車で使用される車両を、189系からE257系500番台に置き換える。

ホリデー快速富士山と快速山梨富士、快速富士山は、新宿駅と富士急行線の河口湖駅を結ぶ臨時快速列車。2003年より189系が充当されており、また2013年には富士山が世界遺産登録された事を機に、従来の「ホリデー快速河口湖」から現在の名称に変更された。

各列車における189系の最終運転日は、ホリデー快速富士山が3月11日、快速富士山が3月16日。両列車とも、翌週の運転日よりE257系500番台での運転に変更される。なお、快速山梨富士は1月7日から運転日が設定されておらず、春シーズン運転初日の3月24日よりE257系500番台での運転となる。

なお、3月から6月までの期間中、臨時特急「はまかいじ」については設定が行われない。
01/19(金)21:56

■[よしひ]
[高崎115系3月引退] (0) Delete
JR東日本 高崎支社は1月15日、緑とオレンジで塗装し「かぼちゃ電車」「みかん電車」の愛称で親しまれた「115系」の定期運行を3月中に終了すると発表した。軽量ステンレス製車体を採用し、より省エネルギー性の高い「211系」に置き換えるため。
01/15(月)20:09

■[よしひ]
[スラントを救え] (0) Delete
2018年早々、北海道でキハ183系特急形気動車保存へ向けたプロジェクトが動き始めた。任意団体「北海道鉄道観光資源研究会」が、今年3月で姿を消す非貫通タイプの先頭車・キハ183形保存へ向けたインターネット募金(クラウドファンディング)を1月1日から開始した。
01/06(土)19:27

■[よしひ]
[さいたまに白鳥飛来] (0) Delete
さいたま市の池に冬の使者、ハクチョウがやってきました。
さいたま市・緑区の池に去年の年末からハクチョウが姿を現し、話題になっています。

 ハクチョウは、越冬のためにシベリアなどから日本に渡ってきます。県の担当者によりますと、埼玉ではこれまで深谷市や川越市などにはハクチョウが飛来したことがあるということですが、東京に近いさいたま市内にやって来るのは非常に珍しいということです。
01/06(土)19:22

■[よしひ]
[2018謹賀新年] (0) Delete
本年もどうぞよろしくお願いいたします


01/01(月)15:01

■[よしひ]
[浦和、アジアを獲る] (0) Delete
浦和が10年ぶりのアジア王座に輝いた。

 ホームでアルヒラル(サウジアラビア)と決勝第2戦を行い、ラファエル・シルバのゴールで1-0で勝利。2戦合計スコア2-1となった。日本勢としては08年のG大阪以来9年ぶり。

 浦和は開始直後の前半25秒、敵陣でボールをカットした日本代表MF長沢がシュートした。長沢はまた、同8分にもゴールほぼ正面でボールを奪取するや左足で強烈なミドルシュートを放った。後半。ゴールしなければ優勝の可能性がないアルヒラルの攻勢にさらされたが、同43分、抜け出したラファエル・シルバが豪快なシュートを突き刺し、優勝を決定的にした。

 敵地での第1戦を1-1で引き分け。今大会全勝のホーム・埼玉スタジアムに戻ってきた。5万7727人のサポーターはスタジアム全体のコレオグラフィと声援でイレブンの背中を押し、10年ぶりのタイトルを支えた。
11/25(土)22:21

1/20

[1]スレッド投稿
[4]魔法のiらんど会員で書く

Find 0 回

[0]ホームページへ
魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2018