その羽根を広げてみて 【完】

「ごめんね」


ぱっと言葉が出てみたら、その相手は白石さん。


初めて白石さんと至近距離で目を合わせてるけど、長い黒髪と白皙のコントラストが艶美で魅力的。


しばし白石さんの輝くばかりの美貌に釘付けになっていた。


うっとりしちゃう……。


無視されるかと思いきや、

「私も、ね。星野さん」

と言葉を返してくれた。


白石さん、私の名前を知っててくれたんだ。


ものすごく嬉しいんですけど……!


いやいや私レズじゃないし……!


でもこの学園に入学してから、一番嬉しい出来事かもしれない。

0
  • しおりをはさむ
  • 2061
  • 9088
/ 458ページ
このページを編集する