その羽根を広げてみて 【完】

その羽根を広げてみて /無難



2年に進級して2週間が経過。


文系を選択した私は2年B組になった。


どういう仕組みになっているのか、クラスが変わっても同じ系統の子たちで自然と集っていく。


まるで最初から枠組みでも決まっていたかのように、綺麗に分かれるのだ。


まずは真面目で素行のいい子たちのグループ。


彼女たちは外見も内面も控え目でおとなしい、いわゆる“地味め“。


花一に進学してから、どんなに頑張ろうとクラス順位真ん中の私は、

「昨日のテレビ見たー?」
「見た見たー! 面白かったよねー!」

2年でも、うまいこと中間層のグループに属することが出来て、こうして休み時間の過ごし方に困ることはない。

0
  • しおりをはさむ
  • 2058
  • 9090
/ 458ページ
このページを編集する