その羽根を広げてみて 【完】

ぎょ?!


1、2、3……ざっと10人は勢揃いしている明らかに非友好的な男たち。


「探したぜ、六道 白夜」

「無様に逃げ回りやがって、女とイチャついてたのか。羨ましいことで」

「六界もお前らの代でお終いだな」


ギャハハハハと下種な笑い声を響かせる男たち。


中にはさっきハクのバイクの後ろに乗っていた時に追いかけてきていた男の顔もあった。


何なんだ、この人たち。


ハクを挑発したいのはわかるんだけど、当のハクはそれにのる様子はない。


「迎えに来てくれるとは手間が省けた」


ハクは余裕な笑みで、マイペースに頭を左右にゆっくり傾けたりしていて。


「少し腹熟ししてくる。チョコはダイの店に入ってろ」

0
  • しおりをはさむ
  • 2060
  • 9086
/ 458ページ
このページを編集する