その羽根を広げてみて 【完】

その羽根を広げてみて /暴走



「──ずいぶん落ち込んでるのね?」


昼休み。


私は学園の食堂で白石さんと並んで座っていた。


今まで食堂を利用してこなかった理由は、一緒に居た子たちが弁当持参で、教室で食べる派だったから。


食堂は賑わっていて喧しく日替わりランチしかないけど、味は悪くないし、ライス・スープ付きの本日のメニュー・エビフライ定食が350円で食べられるなら、結構いいかもしれない。


「実はですね、」

「また敬語使った、星野さん」

「……」


私が落ち込んでる理由その1は朝ご飯を失敗したこと。


炊いたご飯はベチャベチャ、みそ汁は舌が痺れるほどしょっぱかった。

0
  • しおりをはさむ
  • 2065
  • 9098
/ 458ページ
このページを編集する