月の歌が聞こえる・・・。

月歌 恋愛
530ページ(連載中) 636070字 更新日 2018/10/21 読者 55278人 公開 0 0





あの満月の夜




ふと見上げた防波堤に




女神が舞い降りた






_____________



この作品を書く上げるのに、
時間がかかってしまうかもしれません。

なので、
「白の姫 ~序章 月の歌が聞こえる・・・。~」
から読んで頂いた方が分かることもあるとは思います。

この作品だけでも話は成り立ちますが、
作品を両方、読んで頂けたら作者としては嬉しく思います。

追伸:
2017年12月30日、1000イイネ!を越えました!!!!
本当にありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。

ファン申請してくれた方々、本当にありがとうございました。
 
感謝の気持ちを込めて・・・♪

_____________





この作品はフィクションです。
登場する人物、団体名などは実在するものではありません。
また、未成年の飲酒喫煙は法律で禁止されています。
それらの暴行、暴走行為や特殊な団体への加入を推奨するものでもありません。
ストーリー上、過激な表現がございますが、自己判断で読み進めて頂けたらと思います。

誹謗中傷はご遠慮下さいませ。


  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
  • 3449
  • 88
このページを編集する