虞犯少年

番外編 /愛のカタチ




「九条くんって本当ヤキモチやきだよねー」



くすくす笑いながら美帆が言う。

グロスで光る口は妙に色っぽい。

私はハハハと引きつって笑っておいた。


みんな知らないんだよ。


ヤキモチやきだなんて、そんな可愛いもんじゃない。


みんなによく九条くんとつき合えて羨ましいなんて言われるけど、ならあげますよ?って私は思ってしまう。


嵐は物じゃないけど。…いや、私の所有物なのか。


嵐に俺はお前のもんだって言われるし。


なら誰かもらってくれないかなー…

  • しおりをはさむ
  • 582
  • 280
/ 333ページ
このページを編集する