一応夫婦

家族 /1




椿は神木邸で家族とともに夕食を食べていた。

本日の夕食はカプレーゼにボロネーゼ、コンソメスープに仔羊のグリル。


三十畳もある広いダイニングには長いテーブルとイスが二十脚。

だがそこで食事をするのは孝太郎と典子、椿、そして椿の夫である雄大の四人だけだ。


今年二十一歳になる椿は二年前に浜辺雄大という男と結婚した。雄大は神木家に婿入りし、神木姓となった。

雄大は海外にも展開している有名ホテルチェーンであり、神木財閥と提携している「大宝ホテル」の経営者の息子である。

彼の兄の雄介が現在副社長となり、後に跡を継ぐことになっている。

そして雄大はこれから神木孝太郎の跡を継ぎ、神木財閥を担う存在となる。




そんな二人の間には子どもがいるということが半年程前にわかった。



0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 4
/ 35ページ
このページを編集する