プランダーゲーム【完】

プロローグ

「葵!お風呂に入りなさい!」

「もう!昨日もお風呂に入ってないでしよ!女の子なんだから、いい加減にしなさい!」

怒りながら、母親が部屋に入ってきた。

それにも見向きもせずにゲームを続けているのが、夜神葵。高校1年生だ。

葵はゲーム中毒。

せっかく、受かった高校にもほとんど行ってない。

「明日入るから」

虚ろな瞳で、そう答えるのがいっぱいいっぱいだ。

父は呆れた顔で言った。

もう、ほっとけと。

母は吐き捨てた。

産まなければよかったと。

弟はさげずんだ目で笑い飛ばした。

お前みたいな姉は恥ずかしいと。

0
  • しおりをはさむ
  • 6
  • 248
/ 326ページ
このページを編集する