東雲さん家の食卓には【完】

Brand new days /神様は知っている。



俺のウチはカフェを経営している。


それなりに常連客もいて、それなりに繁盛している。



「っざけんな!何でまた来てんだよ!?」


「Gardenのフルーツサンド食べに来たんだよ。」


「ヒカリに会いに来たのー。(棒) 」



この東雲3兄妹のアカネ・ヒカリ・ミコトも
常連客。


次男のヒカリはウチでバイトしてる。


長男のアカネはウチの元バイト。


長女でヒカリと双子のミコトはフルーツサンド好きな常連。



母さんの趣味で昔からバイト店員はイケメン揃い。


アカネもヒカリも例に漏れずイケメンだ。


アカネなんて天然でナヨナヨしてる風に見えるけど、喧嘩も強いし (元ヤンらしい) 嫌な客を
スマートに対応できる (頭良い) あたり悔しい
ぐらいカッコいい。


ヒカリは見た目 (ヤンキー) によらず真面目だし (逆ナンされても見向きもしない) 責任感があるから母さんはそのギャップにメロメロ。


ミコトは…


一言で言うと地味。


口数も少ないし、表情もあまり変わらない。


感情の起伏も乏しい。




けれど俺、

黒川 尭哉 は知っている。






0
  • しおりをはさむ
  • 93
  • 199
/ 478ページ
このページを編集する