東雲さん家の食卓には【完】

つゆ /コインランドリー



「あ、」


「?!」


「ミコトだ。」


「……あ!先生?」


「気づくの遅っ!」







東雲さん家のドーナッツ









◇◆◇教師リュウノスケeye




一人暮らしは気楽だ。


食事や風呂の時間も自由だし、何をしていても咎める者はいない。


布団に寝ながら飲食しても、脚でリモコンを弄っても。


周り近所に迷惑をかけなければ、自宅では自由だ。


けれど、生活をしていくうえで最低限の家事は出来なければならない。


掃除、洗濯、料理…。


出来なくはないが、得意でないし、できればやりたくない。


見ず知らずの他人に部屋に入られたくないので掃除は自分でやるが、料理は外食や弁当、スーパーの惣菜が殆どだ。


洗濯は…基本自分でやるが、この季節、乾かないうえに、



「もう干し場がないしっ!着る服もない!」



1LDKのアパート。



半乾きの洗濯物で溢れていた。



0
  • しおりをはさむ
  • 93
  • 198
/ 478ページ
このページを編集する