東雲さん家の食卓には【完】

あとがき

得意料理は唐揚げです。

こんにちは、桃二郎です。


この度は『東雲さん家の食卓には』をご愛読いただきありがとうございました。


少しずつ増える ”しおり” や ”いいね” に励まされながら毎日書き続けること約1年。

無事に一つの作品を生みだすことができました。

ありがとうございます。


また、

”ファン” の皆様には励まされると同時に「感謝の気持ちを返さなくては!」と奮い立たされ、此処まで投げ出さずにやってこられました。

本当に感謝しています。



*******



東雲さん家の食卓には、いつもご飯と恋と笑いと涙があります。


食事は何を食べるかも重要ですが、誰と食べるかも重要です。(よく聞くよね。)


アカネはどうしてミコトに拘るのでしょうか?

ミコトはどうして地味になったのでしょうか?

ヒカリはどうして不良になったのでしょうか?



そのあたりは…



次回の食卓で彼らが語ってくれるでしょう。




たぶん…。



てなわけで、



続編を綴っていきたいと思います!



なるべく早めに公開できるよう頑張ります。


引き続き ”しおり” ”いいね” ”ファン” 登録での
応援よろしくお願いします。


もちろんご意見・ご感想などの ”レビュー” も
お待ちしています。




では、またね。

サンキュー。



次ページに "おやつ" があります。
よろしかったら召し上がれ☆


桃二郎


0
  • しおりをはさむ
  • 93
  • 199
/ 478ページ
このページを編集する