東雲さん家の食卓には【完】

おやつ食べますか?short story /④素麺



"「素麺にはもう飽きた。」"

"「ジャンクなものが食べたい。」"

"「余った素麺はどうしたらいいの?」"


「そんなあなたにオススメ!
はい、どーん!




「わぁー!美味しそう!…ってか美味しい!
パリパリパリパリ…。」



「何これ?パリパリ…アレみてぇ、駄菓子であるじゃん、パリパリ…もんじゃに入れると美味いヤツ。パリパリ…」


「美味しいでしょ?そうでしょ?
素麺でshow!




「「パリパリパリパリ…」」

(何言ってんだコイツ…。てか深夜の通販番組
みてぇな茶番必要か?)




「うん、うん。わかるよ、言葉失くすぐらい
美味しいよね!素麺を茹でて揚げただけなのに☆味もバリエーション豊富にしてみたよー?コンソメ、青海苔、カレーにチーズ。
どれが気に入ったかな?ん?」




「「パリパリパリパリ…」」

(ヒット作生み出す度にこのウゼェのどーにか
ならねーかな。)




「しょっぱい系に飽きたら甘い系もあるからね!素麺をシュガーガレット風にしました!」


「すごい!素麺なのにデザート!パリパリ…」


「元は小麦粉だからな。この発想には至らねーけど。」



(え、ヒカリに褒められた…。何だろう、
この気持ち…。今なら何でもできる気がする…。)




「あとは?!あとは何ができるの?!」


「白玉みたいなお団子とか?」


「本当?!食べたい!」


「…………。」


「素麺買ってくるよ!」


「やったー!」



「…………。」



「いっぱい食べたいからいっぱい買ってこよう!」


「うん!」



「…………。」



(本末転倒ってまさにコレ。)

(買うなら素麺じゃなくて小麦粉とか白玉粉だろ。)






























「…で?安売りしてたから箱買いしたと?」





「馬鹿だろぉぉぉ?!」



  • しおりをはさむ
  • 93
  • 202
/ 478ページ
このページを編集する