東雲さん家の食卓には 2nd【完】〜番外編完結〜

真冬 /ご来光



「行くよ。」


「え?」







東雲さん家と優しい誘拐犯










◇◆◇長女ミコトeye




「起きて。」


「……ん、」



虚ろな目を擦り、窓の外に目を向ける。


白み始めた空と、シンとした空気。


ここは…



「 "東雲" だな。」



そう呟くとメグルは車のエンジンを切った。


東雲でもここは我が家ではない。


山だ。


どこかの。


明け方を迎えたのだ。


ああ、そうか。


うっかり寝てしまったけれど、私…



「誘拐されたんだ。」



しかも行き着いた先が山って…


私ヤバイ?


埋められる?


酷いことしちゃったし…。







0
  • しおりをはさむ
  • 68
  • 198
/ 446ページ
このページを編集する