東雲さん家の食卓には 2nd【完】〜番外編完結〜

さらば、冬の日 /漫画の日



「あ、」


「あ?」



…………。



「「あ〜、」」









東雲さん家とキックとうんまい棒











◇◆◇次男ヒカリeye




土曜日。


朝起きてカーテンを開けるように、オレには
やらねばならぬことがある。



「ヒカリ駄菓子屋行くの?」



玄関でブーツを履いていると後ろから声がした。



「…ミコトも行く?」



振り向いて問う。



「寒いからイヤ〜。でもお菓子は食べたいやー。」



買って来いや〜ってか。


っざけんな!


と、思いつつ、



「100円までだからな!」


「わーい!うんまい棒とラムネとグミと…あとは任せる!」



ミコトに「よろしく〜!」と見送られ外に出る。



2月の朝。
(って言っても10時過ぎ。)


もうすぐ冬も終わりそうな空。


愛読書を求めて走る。




  • しおりをはさむ
  • 68
  • 202
/ 446ページ
このページを編集する