東雲さん家の食卓には 2nd【完】〜番外編完結〜

もうすぐ春 /真っ白



「今日おかしくねえ?」


「え?!お菓子?」


「少し黙れ。」


「………あ、」


「黙れ。」


「ハイ。」









東雲さん家はキャンディーマジック










◇◆◇長男アカネeye




くる。

やってくる。



ホワイトデーが…



…………。



ホワイトデーがやってくるよぉぉぉ!!



東雲 茜


絶賛脳内パニック中。



何故ならば…


一人*去年のホワイトデーを思い出していた。



ゴロゴロゴロゴロ…


バタバタバタバタ…





どうしようどうしよう!


思い出しただけで動悸が!



ゴロゴロゴロゴロ…


バタバタバタバタ…





「五月蝿え!!」



ボフっ!





「痛いっ!?」



ソファからクッションが飛んで来た。


クリティカルヒットだよ!?


顔面にクリティカルヒットだよ!?


この綺麗に整った顔に!


リアルにクリティカルヒットだからね?!


その手に持ってるゲームとはワケが違うからね!?


酷いっ!!



「さっきからゴロゴロバタバタ五月蝿えんだよ!」


「…………。」



兄がこんなにも悶々としているのに、呑気に
ゲームなんかして!


涙目でヒカリを睨みつける。



「ウザっ!なんだよ?!」


「…な、なん、なんでもないよっ!」


「ウザ。」



ヒカリは再びゲームに視線を戻す。


言えない。


絶対に言えない。


去年のホワイトデー…、



ミコトと一夜を共に過ごしたなんて…



言えないよぉ〜!


言えないよぉ〜!


言えないよぉ〜!



(言いたい。本当はすごく言いたい!)









*去年のホワイトデー…詳しくは『東雲さん家の食卓には』(ホワイトデー④)にて。




0
  • しおりをはさむ
  • 68
  • 195
/ 446ページ
このページを編集する