東雲さん家の食卓には 2nd【完】〜番外編完結〜

春うらら /狩りに行こうぜ☆☆☆



「そんな服装で大丈夫か?」


「大丈夫だ、問題な…あるよ!!」


「えー?!可愛いのにぃ〜!」


「部外者は黙れ!」


「え、またこのパターン?!」










東雲さん家と潮干狩り












◇◆◇大学生アズミeye




ゴールデンウィーク、皆様はいかがお過ごしですか?


行楽日和の今日、俺は…



「もうちょっと急いでください!」


「でも事故ったらコ◯ス。」


「ベストタイムは干潮の2時間前後です!」



海に向かって爆走中。



「午前中に行かないと!」


「貝全部なくなっちゃう!」



後部座席に座る女子2人は久しぶりの再会を喜ぶと同時に海が近づくにつれテンションも上がってきた。



「もし思うより無かったら帰りアズミに買ってもらえばいいよ。」



横に座るアカネは頬杖をつきながら窓の外を眺めていた。


ただそれだけなのに無駄にカッコよくて…


激しく嫉妬!


する運転手の俺であーる。



0
  • しおりをはさむ
  • 68
  • 198
/ 446ページ
このページを編集する