鹿深千晴さんの作品一覧

仮初めのお姫様(アノマリー修正完了)

鹿深千晴
425ページ(連載中) 246792字 更新日 2018/06/18 読者 191649人 公開

都心の地区を取り仕切る不良グループ・【焔】の姫だったのに、転校生にあらぬ嘘をつかれ捨てられた私。 闇の中で掴んだ手は、想像もしていなかった意外な人物だった。

五月七日先生と秘密の生活【完】

鹿深千晴
401ページ(完結) 126689字 更新日 2014/12/25 読者 95408人 公開

「せーんせっ。ご飯にする?お風呂にする?それともわ・た――」 「ちょっとどこ触ってるんですかっ!?」 ドSな猪突猛進電波ガール♀×ツンデレ毒舌敬語高校教師♂

スピカの涙【完】

鹿深千晴
247ページ(完結) 83460字 更新日 2016/04/28 読者 7194人 公開

あの子はもういないのに、先生は彼女を愛している。 それが、彼にとっての純愛だった――。 文学少女と過去を抱える先生の、今を生きるための恋物語。

このページを編集する