【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


地味子ちゃんと一匹狼

地味子ちゃんと一匹狼

鹿深千晴
青春・友情 41ページ(連載中) 23948字 更新日 2020/02/12 読者 1751人 公開 0 0


 

「私は良いの。好きなものに囲まれていれば、それで」
(別に友達なんか、いなくたって)

一人でも、十分に楽しかった。
好きなものがあるから、好きなことがあるから。
私の世界は、完結していたはずだった。

君に、出会うまでは。





出会ってしまったからには仕方ない。
私の世界に、君がいないと物足りない。

アニオタ地味子×一匹狼の武闘派不良

学園のイケメン四天王

新感覚?王道?
学園青春ラブコメディ



  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 6
  • 430
このページを編集する