維新静岡史

幕府崩壊

最後の将軍徳川慶喜が大政を奉還し、間もなく鳥羽、伏見の戦いが始まりその後五稜郭の戦いまでく戊辰戦争が幕を開けた、静岡の歴史は裏戊辰戦争と言える。
戦争の最中、またその後において静岡では多くの人々が明日の生活の保障を求めて生きるのに懸命であった。

  • しおりをはさむ
  • 9
  • 0
/ 230ページ
このページを編集する