維新静岡史

人見寧

人見寧(やすし)または人見勝太郎という。この人物については幕末、戊辰戦争系の小説、物語でその名を見た人は多いだろう、片腕の美剣士で有名な伊庭八郎もいた幕府遊撃隊の隊長であった人物で中には新選組同様に熱烈なファンもいる。人見寧も静岡史では重要なメンバーであり、ここでは特に静岡時代を中心に紹介していきたい。

  • しおりをはさむ
  • 9
  • 0
/ 230ページ
このページを編集する