維新静岡史

静岡茶と明治維新

静岡にお茶を伝えた人は一般に聖一国師といわれている。起源は鎌倉時代に静岡市栃沢(旧安部郡大川村)出身の高僧聖一国師が、中国(宋)に留学して帰朝の際、茶種を持ち帰り、これを足久保にまいたのが始まりだという。これが静岡茶の発祥とされている本山茶で江戸時代初期には相当の生産があった。また、家康が晩年駿府に在城した際は、足久保から毎年御用茶を納めたことが記録にある。その他、静岡にはお茶に関する話が色々あるが、ここでは特に幕末から明治にかけての静岡茶の発達を紹介する。静岡茶の発達は幕末動乱の反作用であった。

  • しおりをはさむ
  • 9
  • 0
/ 230ページ
このページを編集する