不純愛【完】

回顧

***

予想外の流れで志乃の気持ちを知る事ができた今。

本人の自覚は無くても、志乃から伝えられたその気持ちは完全に俺に対する好意。

“好き”も“愛してる”もわからない志乃は、それでも俺に愛して欲しいと言う。

もうその言葉が聞けただけで満足してしまいそうな自分。

それがわかればもう、ドロドロに溶かされるぐらい俺の愛に溺れさせてやればいいだけ。

志乃からの言葉は欲しくないといえば嘘になる。

だけどこの小さな一歩が俺にとっては大きな一歩になった。

今まで見えなかった光が、ようやく見えた気がした。

0
  • しおりをはさむ
  • 927
  • 468
/ 437ページ
このページを編集する