空飛ぶソリを見つけたら

クリスマス /1




 2014年12月25日クリスマス。


 私は15度目のクリスマスをむかえる。今日は特別な彼と会う日。


 だけど、今日が彼と会う最後の日になるかもしれないことにベランダで白い息を吐きながら震えていた。




「寒い! やっぱり仕事の量を増やされたのかなぁ」




 前に、彼と会ったときにぼやいていたことを思い出す。なんでもプレゼントに手違いがあったとの手紙が届くと、翌年は仕事を増やされるんだとかなんとか言っていた。


 年に一度、その仕事が終わった後に会いに来てくれる。




「昔から少し抜けてるところがあるからな……」




 冷たい風が吹き体の芯まで凍りつく。部屋の時計を見て不安だけが温度を上げていく。




「それとも、駄目なのかな……」




 私は白い息を吐いてベランダの手すりに項垂れ、思い出を振り返る。




0
  • しおりをはさむ
  • 7
  • 143
/ 16ページ
このページを編集する