空飛ぶソリを見つけたら

クリスマス /4


 クリスマスが過ぎて、次の日から毎日のようにフィンに手紙を書いた。


 貰ったペンで手紙を書き終わると、文字がふわふわと浮かんで空に飛んでいくのだ。


 そして、朝になるとフィンからの文字が紙に届いてる。


 気が向いたらなんて言ってたけど、毎日ちゃんと返事を返してくれた。




「近づいてフィンは私のこと、嫌になったのかな……」




 手紙には日常のことばかり書いた。聞きたいことは沢山あったけど、質問ぜめにして嫌われてしまうのは困るし、やっと手に入れた通信手段だ。


 でも、フィンの日常を知るには十分な返事だった。


 ブリクセンがマフラーを気に入って洗濯させてくれないとか、じいさんのマッサージをさせられて疲れただとか――


 彼女がいるだとかそんな内容のことは一切なくて、私も特別にフィンへの気持ちを綴ることはしなかった。


 好きだと書いたら、フィンは困って手紙を返さなくなると思ったから。


 毎日かかさず書いていた手紙も、体調を崩して書けない時があった。私が手紙を送らないとフィンからは手紙が来なかった。


 自分の一方通行な気持ちが露見した気がして落ち込んだ。
だけど、すぐに諦められるような簡単な思いじゃない。




「なんせ4歳のころからずっと思ってる。なにも聞かないまま終われないよ」




 私はめげずに手紙を書いた。書けばフィンから返事がある。


 クリスマスに会えるまで頑張らなくちゃと、毎日とりとめのない日常を綴る。


 そして去年のクリスマスに私はフィンに気持ちを伝えた――




  • しおりをはさむ
  • 7
  • 144
/ 16ページ
このページを編集する