蓮華Ⅰ~碧眼少女×暴走族~【完結】

第四章 決意 /“蓮華”の異変




更衣室で素早く制服に着替え部屋を出た。



制服がこんなに落ち着くとは……



ここの学校の制服はシンプルで助かる。


今は夏服の時期で白のワイシャツに男女共にネクタイ。


青の混じったチェックのスカート。


その色合いはネクタイと同じだ。



そんな事を考えながら静かな廊下を歩く。



静かな……廊下…を。



「………」



――――……確信した。




私が抜けていた間に何かがあったんだ。



周りを見回しても先程の半分も満たない客。


何より、ここの学校の生徒が自棄に少ない。



目立つ筈だから直ぐに見つかると思っていたユウ達も見当たらない。



「あ」


「あ」



不意に男の声と重なった。



「ユズキさん!!」



振り返った彼はまじまじと私の顔を見ると安堵の溜め息を吐いた。


0
  • しおりをはさむ
  • 1247
  • 4165
/ 347ページ
このページを編集する