蓮華Ⅰ~碧眼少女×暴走族~【完結】

第五章 平穏 /ユウのヤキモチ




「何でだ~」



先程から廊下にユウの叫び声が響いている。



その訳は……。



二日に分けて行われたテストに私も受けた。


高校でのテストと言うものは初めてで少し興味があったからだ。



それでも勉強なんて面倒な事はせず、ただただその日が来るのを待っていた。


サクとジュンも至って何時も通りで、そんな彼等とは対照的にユウは勉強を熱心にやっていた…と思う。



今日はそのテストの発表日。


上位三名と赤点の名前が学年のボロ掲示板に載るらしい。



そして順位表の前でユウはずっと喚いている。



「俺が赤~?俺が一番べんきょー頑張ってなかった?努力してなかったっけ?」


「結果が全てです」



出た。サクの格言。


ユウを先程から静めているのがサクだ。



0
  • しおりをはさむ
  • 1246
  • 4163
/ 347ページ
このページを編集する