蓮華Ⅰ~碧眼少女×暴走族~【完結】




今回は時間を掛けた方が良さそうだと私は判断した。



神乃組と関わりがあるという可能性がある族。


そう簡単には、いかない筈だ。



「…分かった。A県内が良いんだろ?」


「ん」


「気を付けろよ」


「ん」


「じゃ今度A県移ったらお前ん家行くわ」


「……は?」



このマンションが落ち着くって今さっき自分で言ったばかりじゃない。



陽は気怠そうにパラパラと雑誌を捲って平然と言った。



「蓮が居んのが落ち着く。」



「………。」









0
  • しおりをはさむ
  • 1235
  • 4061
/ 347ページ
このページを編集する