蓮華Ⅰ~碧眼少女×暴走族~【完結】




碧眼と金髪を隠し、黒の瞳に焦げ少し赤みのある茶色のロングストレート。


名前、性格も別の者に作り変える。




私は、朝比奈 柚姫(あさひな ゆずき)としてここへ来たんだ。




「はっきり言ってヤンチャモンが多くてな。こっちも手に負えないんだ」



額に手を当てて、ふーと疲労感の籠もった息を吐き出すと「なんてな」と冗談っぽく笑った。



「本当に大丈夫なのか?聞いてると思うけど、最近まで男子校だったんだ。女子生徒の人数が少なくてな」



それなら尚更(なおさら)都合が良い。



私は馴れ合いをする為にここにきたんじゃない。


女子生徒なんて居るだけ邪魔だ。



その他、この学校の特徴は…



学校行事が至って少なく、一学年に8クラスあるらしい。


それに出席日数は少なくても有る程度試験の点数が取れていたら留年は無い。



まぁ、直ぐに辞めてしまうんだから私には関係の無い事なんだけど。



0
  • しおりをはさむ
  • 1237
  • 4063
/ 347ページ
このページを編集する