蓮華Ⅰ~碧眼少女×暴走族~【完結】

第二章 巡り合い /情報提供者




次の日、目が覚めたのは昼過ぎだった。



カーテンの微かな隙間から太陽の光が差し込む。


…眩しい。



堪らずタオルケットに顔を押し付けた。



ふとある事を思い出す。


…学校……



「………」



もそもそベットから降りて学校へ行く準備を始めた。








0
  • しおりをはさむ
  • 1246
  • 4163
/ 347ページ
このページを編集する