蓮華 Final【完結】

第三章 それぞれの /一つの言葉 ジュンside




ユズキが病院の屋上から去って直ぐに奴等をここに呼んだ。



“ユズキなら無事”だと。



マサヤが一足早く来たが、何度も説明するのは面倒でユウとサクが来るのを待った。


三人揃い、さっきあったユズキとのやり取りを話せば、三人は「もっと早く連絡してよ~」と安心したのか安堵の溜め息をつく。



それでもいち早く立ち直ったらしいサクはいつもの物腰で。



「…それってジュンさん。凄い勘違いをアイツに生ませたんじゃ……」


「…?」


「いや、分からないんだったらいいんです。確かに会えば分かる事なんで」



何なんだ…。



「取り敢えずユズは元気なんだね」



そう二度目の確認をするユウに「…あぁ」頷く。



「ちゃんとお前等の声聞こえてたらしい」



アイツはただ現実を見ようとしていなかっただけだ。



「…そっか。届いてたんやな」



マサヤはそう言って嬉しそうに笑ったがユウは顔を真っ青にさせた。




0
  • しおりをはさむ
  • 1892
  • 4194
/ 341ページ
このページを編集する