蓮華 Final【完結】

第三章 それぞれの /気持ちの違い






『お前さ、俺に惚れてんだろ』




………。




「誰が」


「お前」


「誰に」


「俺」


「ごめん。私がイブキになんだって」


「……。聞こえてんだろ。二度言わせんじゃねぇよ」



不愉快そうに顔を顰めたイブキを思わずじっと見つめてしまう。


暫く言葉が出なかった。



「…嘘だろ」


「おい、何深刻にショック受けてんだー」



唖然と呟いた言葉を拾ったイブキは淡々と返した。



だが今の私にそんな声は入ってこない。



ただただ、混乱していた。



まさか惚れているなんて言葉が出るとは思わなかった…。





0
  • しおりをはさむ
  • 1892
  • 4194
/ 341ページ
このページを編集する